2014/11/21 CFRP破砕テスト

Posted on コメントする

テスト機:プッシャー式一軸破砕機DS2260(18.5kW)
スクリーンサイズ:Φ8mm

DSC01582

 

破砕品:CFRP(炭素繊維強化プラスチック)成形品
重量:約20kg

IMG_4662

 

破砕動画①

破砕動画②

 

破砕後

IMG_4666 IMG_4673

Φ8mmのスクリーンを通したが、処理後はその殆どが粉末状となりました。
15mm程度の、縦に割かれた形状のものが数本確認できました。

 

処理量

約20kgの処理物を15分30秒程度(動画①:1分35秒、動画間:20秒、動画②:13分30秒)で破砕していますので、
処理量は77kg/hr程度となります。
粉塵となって飛散してしまったため、破砕機の投入/排出口を完全密閉していれば、若干ですが、結果が変わった可能性があります。
スクリーンサイズや投入の状況、また処理物の形状、サイズによっても処理量は変化します。

IMG_4667

 

 

あとがき

CFRPをΦ15mm以下のスクリーンで処理する場合、一般的な一軸破砕機はお勧めしません。
時間あたりの処理量を求めない場合は別ですが、繊維系の処理物は割けるように破砕され縦長になるため、スクリーンを抜け難いです。
刃の摩耗は比較的早い材質です。
また投入/排出部、軸周りの機構が、粉塵を通さない構造となっているかの確認、もしくはその対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)